フリーランスの上手な時間の使い方 タイムマネジメントの方法を紹介します

nana_aoi2018-10-19
みなさんは「フリーランス」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか。
「時間に融通が利きそう」
「場所を選ばず働くことができる」
「自分の状況に合わせて仕事を調整できる」
どれもその通りです。ただ、「時間に融通が利き場所を選ばず仕事をすることができる」ということは、裏を返せば、いつでもいくらでも働くことができてしまうということでもあるのです。その結果、ついつい無理がたたり、体調を崩してしまったり、視力が極端に下がりパソコンで仕事を続けることが難しくなってしまったり、といった事態になってしまいます。

私自身、フリーランスを始めたばかりのころ、一番とまどったのは時間の使い方でした。今までは会社によって決められていた出勤時間もお昼の休憩も、すべて自分で決めることができます。極端な話、起きて2分後には仕事を始めることができますし、作業を続けたければ食事を取らなくてもいいのです。休日をつくるかどうかも自分次第で、休まず働くという選択をすることもできます。気がついたら10時間以上ぶっ通しで仕事をしていた、というのもよくある話です。

若いうちは気力と体力で、それでも乗り切れるかもしれません。しかし今は「人生100年時代」と言われています。フリーランスとしてのメリットを存分に享受しながら、健康に長く楽しく仕事を続けるために、これからセルフタイムマネジメントの方法をみていきたいと思います。

作業の前にしっかりと時間を区切る

具体的には「1時間パソコンに向かって仕事をしたら5分休憩を取る」というようなことです。仕事モードに突入し気分がのっているときには、無理にその流れを断ち切る必要はありません。
しかし、人間の集中力には限界があります。短時間で効率よく仕事をやり遂げるために、「45分~60分仕事をして5分休憩」もしくは「90分仕事をして10分休憩」など時間を区切って取り組むことは非常におすすめです。さらに、この「○分仕事→△分休憩」のサイクルを意識しているか否かで、体や目の疲れは格段に変わってきます。休憩中は屋外に出て新鮮な空気を吸ったり、凝り固まった体をほぐすために簡単なストレッチをしたり、遠くの景色をぼんやりと眺めたり、といったそれまでと違う動きをするように心がけてみてください。身体の疲労が溜まりにくくなりますし、新鮮な空気を取り入れることで脳が活性化し、次のサイクルの仕事に集中しやすくなります。

意識的に読書の時間をつくる

フリーランスとして働いていると、どうしてもパソコンと向き合う時間が長くなってしまいます。テレビと違い、至近距離で見るパソコンの液晶画面は眼精疲労の大きな要因のひとつです。普段と違う作業というのは気分転換にもなりますので、パソコン作業の合間に読書や雑誌を見て、勉強や情報収集などのインプット作業を行うことをおすすめします。
周囲を見回してみても、長きに渡って活躍されている方というのは、常に好奇心に溢れ、向上心を持ち続けている人たちです。その意味では、仕事に直接つながる分野だけに限らず、あらゆるジャンルの本に目を通してみることもおすすめです。

週に1日は完全オフの日をつくる

週に1日は、仕事をしない日をつくりましょう。友人と会ったり、気になっていたお店に行ってみたり、趣味の時間をもったり…。特にフリーランス駆け出しの頃は精神的にも経済的にもそんな余裕はなく、「遊んでいる場合じゃないよ!」と感じるかもしれません。私自身、その思いを断ち切っていざ遊びに出かけても、仕事をしていない自分に罪悪感を覚え、結局遊びに出かけても、一日中仕事のことが気になって気になって仕方ないと言う時期がありました。

しかし、見方を変えると、オフの日こそ今後の仕事を発展させる鍵になるのです。「なにかネタになることはないかな」とアンテナを張って出かけることで、普段の街の見え方がガラリと変わります。偶然同じバス停に居合わせた人との何気ない会話からインスピレーションをもらうこともあれば、世の中のトレンドを肌で感じて、クライアントがなにを求めているのか、より敏感に察知できるようになることもあります。
つまり、遊びに出かけていても、パソコンの前に座っていなくても、仕事のヒントになることはいっぱい転がっているのです。思い切って週に1日はパソコンから離れてみることをおすすめします。

まとめ

フリーランスは会社という後ろ盾がないため、良いことも悪いことも、結果がすべて自分に返ってきます。それは、ひとつひとつ自分で決めていくことのできる自由を手にしているということでもあります。朝は○時に起きる、今日は○時間働く、○日は外出する。ひとつひとつは些細なことのようでも、自ら時間をマネジメントし日々小さな決定を積み重ねていくことは、自分で人生を切り拓いていくということにもつながるのではないでしょうか。いまフリーランスという職業に就いている方も、これから始めてみようと思われている方も、それぞれのリズムに合った時間の使い方を見つけてみてください。この記事がその小さなヒントになれば、こんなに嬉しいことはありません。
 
  • Good!!0

関連する記事こちらの記事も参考になります

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿してみませんか

ユーザー登録をすると記事にコメントをできるようになります。

すでにアカウントをお持ちの方はログイン