脱サラリーマン、フリーランスで失敗しないためのポイントとは?

ayako_10002018-10-28
先の見えにくい日本社会に身を置いていると「このままサラリーマン生活を歩んでいて、本当に大丈夫なのだろうか」と不安になることもありますよね。とはいえ、会社から毎月の給与を保証されているサラリーマン時代と異なり、守るモノがないフリーランスは不安定と紙一重の生活が待っていることもあります。今回はフリーランスになりたいあなたのために、安定して働くためのコツを紹介します。ワークライフの参考にしてみてください。
 

無計画に動いてはいけない

ひと口にフリーランスといっても、世間には様々な仕事があります。たとえば執筆という仕事を切り取ってみても、ウェブライターや戦場ジャーナリスト、ファッション雑誌の美容ライター・テレビドラマの脚本家の仕事があります。

このほかシステムエンジニアやウェブ系のデザイナー、建築家などの仕事もあります。さらに高収入を狙うのなら、ファイナンシャルプランナー、弁護士、行政書士などの形もあります。

「フリーランスになること」を目標にするのではなく、どの分野でどのような仕事をおこなうのか決めることが大切。自由な働き方のひとつとして、フリーランスという仕事を模索することが大切なのです。今までのスキルを活かせる仕事、長所を伸ばせる仕事なら、脱サラしたあとでもスムーズに収入を得ることができます。自分がどんな武器を持っていて、社会でどんな活躍をすることができそうなのか客観的に知ることが「稼げるフリーランス」の条件になります。

怖い場合は「副業」から、ならし仕事をしてみる

サラリーマンの方が突然、フリーランスに転身すると、思ってもよらなかった事態に直面することがあります。それは定期的に入ってきた収入が、不確定なモノになるということです。フリーランスは個人事業主、ただ待っているだけでは向こうから仕事がやって来ることはありません。ときには自身が営業マンとなり、高単価の仕事をゲットする作業が必要になります。クライアントと交渉して、より利回りの良い仕事を得る努力も求められます。

とはいえ、今まで事務仕事だけしかおこなってこなかった人が、突然営業マンになるのは正直難しい話です。スムーズに仕事がもらえるようになるまで数カ月や数年単位かかることもあります。

このようなリスクを抑えながら、確実に収入だけを上げる方法が「副業として、まずはフリーランスの仕事を体験してみる」という方法です。サラリーマンの仕事を続けながら、帰宅後や土日休みの時間を利用して、フリーランスの仕事を経験してみるのです。会社から毎月給料をもらいながら、同時に副業の収入も得ることができるので、実質的に入るお金は1.5倍から2倍に膨らんでいきます。

いきなりフリーランスに転向するのはリスクが大きいのですが「慣らしフリーランスの期間」をあえて設けることによって、収入を安定させながら第二の仕事にチャレンジすることができます。

慣らしフリーランスを経験することによって、頭の中で思い描いていたフリーランスの生活を、みずからの手と肌で体感することができるようになります。実際動いてみて仕事をしてみると「思い通りに仕事ができたこと」よりも「想像以上に大変だった」と感じることも多いでしょう。

慣らしフリーランスであれば、失敗を軌道修正させることもできます。サラリーマンの安定した収入があるため、心に余裕を持ちながら収入アップの道を探ることができます。「フリーランスに挑戦したい、けれどもイマイチ自信がない」と悩んでいる方には、いきなりフリーランスを目指すのではなく、慣らしフリーランスを体験してみることがおすすめです。

ズバリ、儲かるフリーランスになれる条件とは?

最後に儲かるフリーランスが実戦しているツボを、こっそりご紹介します。知っているのと知らないのとでは、毎月の収入に大きな違いが表れるようになります。

好奇心を捨てない

年齢を重ねたりひとつの仕事しかおこなわない固い仕事環境で長年仕事をしていると、自分のできる領域を自分で決めつけてしまうケースも増えてきます。

プライドや見栄を捨てて「何でもやってみよう」と思ってみると、意外なところに儲かるヒントが見えてくることがあります。悩む時間があれば、まずは動いてみる。動いてみた先に、新たな気づきが生まれることがあります。

儲かるフリーランスになりたいと思ったら、何歳になっても好奇心の芽を捨てないこと。あれもやってみよう、こんな仕事もしてみたい。心が柔軟な人ほど、収入がアップする傾向にあります。

信頼をゲットする

フリーランスになると、その人そのものが「ブランド・会社の顔」となります。そのため人望や信頼のおける人になるというのは、稼げるフリーランスの必須スキル。

「この人にまた仕事を任せたい」と思ってもらえる雰囲気を作ることによって、安定して収入が得られる土壌が作れるようになります。ひとつひとつのクライアントを大切に、地道な努力を重ねることが求められます。
 
  • Good!!0

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿してみませんか

ユーザー登録をすると記事にコメントをできるようになります。

すでにアカウントをお持ちの方はログイン